肌の状態が気になる女性

肌に効果的なトレチノイン療法は?

人気の肌治療の中で東大式トレチノイン療法があります。塗り薬による治療法でピーリング・肌再生効果のあるトレチノインと美白効果のあるハイドロキノンを併用し肌を再生させていく治療になります。肌の状態が気になる人は一度検討してみてはどうでしょうか?

東大式トレチノイン療法のメリット

人間がもっている皮膚が生まれ変わるためのターンオーバーというはたらきは、通常28日周期と言われていて、軽く1か月はかかります。こうして少しずつお肌の老廃物を排出していき、あたらしい皮膚細胞が下から押しあがってきて皮膚となっていきますが、ニキビがひどかったりするとこのターンオーバーもどんどん遅れていき、皮膚は新しい細胞が上に上がってこれずにいつまでたっても古い角質が残ったままで、皮膚をさわってみても硬くゴワゴワした印象になります。
しかし東大式トレチノイン療法なら、お肌の再生を強力に進めていくことができるので、ターンオーバーによって自ら古い皮膚を排出することができにくくなっている人でも、もういちど新しい皮膚細胞を復活させることができます。
この東大式トレチノイン療法は、名前のとおり東京大学医学部の附属病院にある美容外科で考案され、じっさいに行われている療法なので医学的亜根拠もあり安心して受けることができる点も大きなメリットといえるでしょう。スキンケアに関してはさまざまな情報がたくさん流れていてどれがほんとうに効果があるのかわかりにくい状況ともいえますが、東大式トレチノイン療法なら確固とした裏付けもある方法なので、多少高額な価格になろうとも、しっかり効果を得られるならば東大式トレチノイン療法に投資するメリットは多分にあるといえます。
東大式トレチノイン療法という方法を使って肌再生を促せば、肌細胞の循環を正常化でき、ハイドロキノンも合わせて使用することによって美白効果も高められるため、毛穴の詰まりやニキビの炎症だけではなく、シミやニキビの跡にできた色素沈着のトラブルに困っていた人にも朗報です。