肌の状態が気になる女性

人気の肌治療の中で東大式トレチノイン療法があります。塗り薬による治療法でピーリング・肌再生効果のあるトレチノインと美白効果のあるハイドロキノンを併用し肌を再生させていく治療になります。肌の状態が気になる人は一度検討してみてはどうでしょうか?

トレチノインは毛穴に効く?

トレチノインは生理活性がビタミンAの約50~100倍と言われるビタミンA誘導体の一種で、古い角質を積極的に剥がし、表皮の基底層に作用して細胞の増殖を促進させ肌の再生を速める効果があります。増殖を促された細胞は肌のライフサイクルを促進させ、徐々に表面に押し上げられ、最後には角質となって剥がれ落ちます。通常はこのサイクルを表皮細胞が4週間かけて進めるのですが、トレチノインの作用によっておよそ2倍のスピードで肌のターンオーバーを行います。表皮細胞に溜まったメラニンや角栓も、古い角質とともに押し出され、結果的には角質と一緒に剥がれ落ちることになります。毎日洗顔していても毛穴は詰まり黒ずみが目立つことが多いのですが、その原因は皮脂と角質が混じり合った角栓と呼ばれるものが毛穴に詰まった状態です。角栓が詰まって黒ずんだ肌になるのは、皮脂の分泌が多いオイリー肌や乾燥肌の人に多く、上手く角栓を取り除けたとしても毛穴が開いたままになることも多いです。皮脂が大量に詰まると炎症を起こし、ニキビの原因ともなるためしっかりと取り除くことが大切と言えます。日頃のスキンケアだけでは届かない、角栓の除去や毛穴の開きも、トレチノイン療法による肌のターンオーバーで角質と一緒に剥がれ落ちるようになります。同じように表皮に定着したメラニン色素も排出するため、気になる肌のシミも無くなり美白へと導いてくれます。また皮脂の分泌を抑え、コラーゲンの生成を促すことにより、肌のハリや小ジワの改善にも繋がり、角栓が再び詰まる予防にもなります。トレチノインはその薬理作用によって、毛穴の開きや黒ずみ、シワやニキビといった肌トラブルのほとんどを改善し、美しい肌を作る手伝いをしてくれます。