肌の状態が気になる女性

人気の肌治療の中で東大式トレチノイン療法があります。塗り薬による治療法でピーリング・肌再生効果のあるトレチノインと美白効果のあるハイドロキノンを併用し肌を再生させていく治療になります。肌の状態が気になる人は一度検討してみてはどうでしょうか?

トレチノインを使う美白治療の評判について

美白治療は色素沈着が少なくて今よりも白い肌を目指して行われる美容治療のことです。
市販されている美白化粧品は、シミやそばかすを防ぐという予防の働きを持つものがほとんどなので、既に出来ている顔のシミなどの色素沈着を薄くしたいと思っているのなら、美容皮膚科などで受けられる美白治療を利用するのが適しています。
美容皮膚科や美容外科で行われている美白治療には、レーザー治療やトレチノイン療法などがありますが、化粧品だけでケアしていたのでは得られない高い効果があるので評判になっています。
レーザー治療はシミを取る目的の美白治療に使われる場合、小さいシミなら1回の治療で消せることもあるという即効性の高さが良い評判を得ています。
一方、トレチノイン療法はビタミンA(レチノール)の誘導体であるトレチノインが配合された塗り薬を使う治療法のことで、シミを治療する場合にはハイドロキノンという美白に有効な薬を併用することが多いです。
トレチノインは皮膚に塗ると表皮の古い角質をはがし、表皮の細胞分裂を促進して皮膚の再生を促す働きをするのですが、皮膚の深い所にあるメラニン色素を外へ排出する効果もあるため、既に出来ているシミを改善するのに役立ちます。
トレチノイン療法の評判は、レーザー治療では難しいとされている肝斑や炎症後の色素沈着にも使えることや、クリニックによってはリーズナブルな治療費で治療が受けられることなどが良い点とされています。
トレチノイン療法は塗り薬での治療となるので方法自体は簡単ですが、使い始めてから数日で肌に赤みやカサカサ感が出てくる時期があるため、その期間を乗り越えて治療効果を出すまでが大変だという感想もよく聞かれます。
美白治療を受けたい時は医師によく相談して、レーザー治療やトレチノイン療法などから自分の症状に適しているものを選ぶと良い結果を出すことが出来るでしょう。