口コミや評判のネット証券会社をご紹介

50万円以上の資金で運用する米国株取引の留意点

50万円以上の資金で取引する

最近では日本国内の証券会社からでも簡単に米国株を売り買いすることが可能になりました。
なによりもネット証券のおかげでかなり安い手数料で取引することが可能です。
英語ができなくても証券会社の提供している情報や専門ニュースサイトのおかげで米国株も扱いやすくなりました。
しかし50万以上のまとまった金額を扱う場合、どこに注意したほうが良いのでしょうか?ここではその米国株取引に関しての留意点について解説します。

 

ある程度まとまった額(50万以上)を投資する方なら知っておく基礎知識

ここであえて書かなくても、実際に少額で投資している方なら知っている話を少しおさらいします。
日本市場のようにストップ安・ストップ高がありません。
そのため市場流動性が高いという特徴があります。
また為替リスクがあるので、ある程度まとまった金額を投資するときに、円換算時の株価評価額が下がる可能性があります。
まとまった額を投資するときに肌感覚で身に付けてほしいのが為替レートです(そうは言っても市場の流れで決まるので仕方ないところもありますが)。
為替レートを常に意識する習慣をつけておいたほうがよいでしょう。
また最近人気のNISAですがこのNISA口座を使って株取引を行う方もいます。
NISA(少額投資非課税制度)は税制面で日本の金融商品と異なります。
つまり本来米国株で課税されると日本での源泉を経て二重課税になります。
そこで外国税制控除を受けて二重課税を回避する訳ですが、NISAだと米国現地で課税される源泉が非課税になりません。
非課税になるのは日本の課税分だけになってしまいます。
これをよく理解していない方がいるので注意が必要です。
特に痛いのが繰越控除(外国税額控除でも受けられる)を含めた損益通算ができなくなります。

配当が年4回で決算は四半期勝負であることに注意

日本株で取引きしたことがある方なら、ある程度まとまった額でもさほど投資の感は鈍らないかもしれません。
ところが米国株取引は日本の市場とは違うルールや傾向があります。
米国株は1株単位で売買されます。
これが利用しやすいということで1株単位・数万円から投資できることで人気に火がつきました。
恐ろしい部分は日本のように市場でストップ安・ストップ高が無いということです。
これの意味することは例えば50万以上投資した場合、ストップ安がないために1日で株価が半分になる!というケースが存在するということです。
これはやったことが無い人には肌感覚で理解できない点です。
慣れて安定株に投資し、長期間売り買いしない安全な買い方をするなら、配当益を狙うという方法もあります。
デイトレのような形での売り買いを繰り返さない、絶対損をしたくないなら「超安全株」(例えばコカ・コーラのような常に右肩上がりの株)などに投資すれば、ある程度の長期で配当益が見込めます。
しかしそうでないなら同じ金額を1つの業種につぎ込まず、分散投資をすべきでしょう。
注意したいのは四半期ごとの決算です。
日本でも四半期ごとに決算を発表していますが、日本の感覚では通期を通した決算の途中経過報告のような意味が大きいでしょう。
ところが米国では四半期の決算はどれも同じように扱われます。
どれも途中経過という扱いでなく、3カ月ごとの業績が前年度同期比較より伸びるか、経済評論家やアナリストが予想した平均値より上回るか下回るか、といった視点で株価が動きます。
決算数字一つでも日本では営業利益、経常利益に注目が集まりやすいのですが、米国では1株利益の伸縮がとても注目されます。
これは長年米国株に注目しているとわかるのですが、株主還元意識が非常に強い結果だと言えます。
つまり株主還元意識が低い企業はあっという間に売却されてしまう可能性もあるからです。
その結果配当は四半期ごとにされるようになります。
この感覚は日本の2回の配当とは違い、相当サイクルが早いと思っても良いでしょう。
50万以上投資する場合、ここでご紹介した2つの点に注意してルールが違うことを意識して取引するようにしましょう。




証券会社一覧
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
One Tap BUY(ワンタップバイ)
米国株コラム