口コミや評判のネット証券会社をご紹介

米国株取引における一般型と累投型の違い

米国株取引における一般型と累投型の違い

株取引の中でも米国株取引における一般形と累投型とはどのように違うのでしょうか。
実際に取引している方はよく理解していると思いますが、ここではそれをわかりやすく説明していきます。
米国株といってもETF(投資信託)ですが、一般の株式同様にいつでも売り買いできる商品です。
そのETFの一般形と累投型について解説します。
ご興味のある方はぜひご一読ください。

 

ETFについて少し解説

ETFはExchange Traded Fundのことで、取引所で取引される投資信託のことです。
これは特定株価指数に連動することが目的で運用されている投信で株価と同じように市場で購入することが可能です。

そしてこのファンドは取引所でも情報公開されて、株式同様にいつでも売り買いできるのが特徴です。
そして株式のように信用取引もできるようになっています。
しかし売り買い価格の決定は、通常の投信にように一口当たりの純資産価格でなく、市場価格によって決まります。
そのために基準価格を下落することもあります。

一方でETFは少し特殊で市場価格が基準価格よりあまり乖離しないように設定されています。
これは超大口投資家にとっては市場を通さずに投信会社が解約に応じるからです。
この解約というのはキャッシュでなくファンドに組み入れた株式を現物返却するという形です。
投資家はさらにキャッシュが欲しいならこの株式を市場に売却すればよいだけです。

このような工夫があるのでETFの市場価格と基準価格はあまり乖離が起きないようになっています。
もちろん市場価格が基準価格より低くなると、市場でのETFを購入して投信会社は基準価格で解約するようなことを行います。
そうすれば利益になります。
これで裁定取引が働くので、市場・基準のどちらも価格差が解消されるようになっています。

 

米国株取引の投信の一般型と累投型とはどんなものか?

投資信託の一般形とは決算期に分配金を受け取るタイプです。
一方で累投は分配金を受け取らないで再投資する方法をいいます。
ただし再投資するので手数料が取られます。
これは分配金の受け取りが違うということだけでなく投資という意味では少し違ってきます。

分配金は再投資しない場合、そのまま口座にお金が入金されるだけです。
一方で累投型になると毎月分配はあるものの、これは再投資に回します。
この累投型と呼ばれるものは累積投資というものです。
これは毎月定額で株(投信)などを購入する方法です。
1口または1銘柄に付き一定額で同1株を購入するので株式を積立方式で購入すると思ってください。

 

実はETFは非上場の投資信託よりも優れた商品と言われています。
つまり長期資産運用を考えると累投の仕組みを使って積み立てしたいと考える方もいるはずです。
このETFの累投積立は証券会社によっても違います。
またETF自体は信託報酬が安いので、長く投資を続けることで分配を年金代わりに受け取るという方もいます。
たとえば、毎月分配型(一般)ならDIAやLQDなどがあります。
年4回の分配ならコカ・コーラなどもあります。

 

ただし累投によってETFを購入するのはあまり良い方法でないこともあります。
それは積立手数料が高いということもあり、本来のETFのメリットがなくなるからです。
もう少し説明すると、扱う証券会社の手数料によっては売買手数料が積立手数料より高い場合があります。
そうなるとメリットは減ってしまいます。
ただし、最近ではネット証券でも累投に近い投資ができるサービスが登場しています。
ネット証券なので手数料が安いというメリットがあります。
これならETFを累投しても損にはなりません。
しかし米国のETFの中には日本で対応していないものがあるというのもちょっと癖のある話です。




米国株コラム