口コミや評判のネット証券会社をご紹介

米国株取引はサラリーマンにもできる?

米国株取引はサラリーマンにもできる?

 

近年では色々な雑誌やテレビなどのメディアが米国株を取り上げるケースが増えてきており注目を集めています。

そして、株式投資を行っているサラリーマンの中には「日本株だけではなく米国株取引もしたい」と考えている方も少なくないのではないでしょうか。

果たして米国株取引はサラリーマンにもできるのか気になります。

 

米国株取引はサラリーマンでも可能!

平日、朝から夜まで毎日働いているサラリーマンでも米国株取引は可能です。
しかし、米国株取引をする際にはまず取引時間に着目する必要があります。
これは、平日にサラリーマンとして働いている方は色々と時間的な制約が大きいので取引するタイミングが難しいためです。
そして、米国株取引の取引時間は次のようになっています。
標準期間の場合
日本時間23時30分から6時まで

★夏期間の場合(3月の第2週から11月の第1週まで)
日本時間22時30分から5時まで

期間によって差がありますが、大まかに言うと取引時間は夜から明け方となっています。
ですから、日中忙しいサラリーマンでも夜寝る前や明け方の時間を活用して売買できるのでリアルタイムで米国株取引をすることが可能です。
また「夜勤などで忙しい」「なかなか時間が取れない」という方でも予約注文や時間外取引というシステムを使用すれば取引をすることができます。
ですが、これらのシステムとはどのような仕組みなのでしょう。

 

予約注文や時間外取引とは?

まず、予約注文とは株式市場が開く前に自分が購入したい銘柄や数量、希望価格などを指定して注文が出せるものです。
また、証券会社によっては24時間いつでも注文可能なところもあるので仕事の時間にとらわれずいつでも利用できます。
ですから「明日の夜は仕事が忙しくて時間が取れない」という方でも前もって空いている時間に注文を出すことができるので、米国株取引することが可能です。

次に、時間外取引とは上に挙げた通常の取引可能時間外にも米国株取引ができるものです。
そして、時間外取引の時間帯は次の通りになっています。
★標準期間の場合
日本時間6時から10時までと22時から23時30分まで

★夏期間の場合(3月の第2週から11月の第1週まで)
日本時間5時から9時までと21時から22時30分まで

ですから、会社に行く前や夜遅くまで起きていられないという場合、また帰宅が遅くなったとしても、リアルタイムで取引に参加することが可能です。
このような2つのシステムがあるので、サラリーマンでも米国株取引を積極的に行うことが可能です。

 

米国株は株式投資には最適

米国には超有名企業がたくさんあり今後も成長が期待されています。
また、創業して50年以上たっている歴史ある企業や長年安定している企業も多いです。
さらに米国企業は株主を尊重するようなビジネスをしており、高配当や利回りがいい企業が目白押しで中には50年以上高配当を続けている企業もあるのです。
米国企業は、日本企業に比べて株主に利益を還元する意識が高いのです。
そのため株式投資には最適な環境が整えられており、日本株に比べて利益を出しやすく短期投資のみならず長期投資にも向いています。
もしサラリーマンの中で少しでも米国株への投資に関心がある方がいたら、ネット証券から簡単に口座を開設することができるので一度小額から始めてみるといいでしょう。

 

米国株取引をするには注意が必要

また、サラリーマンとして働きながら米国株式投資をするなら株価の動向をできるだけチェックすることが必要です。
日々の仕事で忙しい方もいるかもしれませんが、損をしないようにロストカットや利益確定のタイミングなどをよく見極めて考えることが大切です。




証券会社一覧
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
One Tap BUY(ワンタップバイ)
米国株コラム