口コミや評判のネット証券会社をご紹介

マネックス証券

「日本株でもお馴染みのネット証券はたくさんあるけれど、米国株取引をするのに有利な証券会社は?」と言うと、それは一体どこなのでしょうか?

「マネックス証券」は、取り扱い銘柄が多い、取引手数料は低く抑えられている、受けられるサービスが充実している、と、バランスよく評価の高い会社として知られています。

中でもユーザーからの評価が高いのが、24時間注文可能で時間外取引ができる貴重な会社である点と、他社と比較すると指値期間が90日と最も長い点です。

また情報面においては、各種レポートやセミナーなどが大変充実して、米国株の初心者を手厚くサポートしようとする姿勢が随所に見られます。サポートにも力を入れているようで、初歩的な質問にも丁寧に答えてくれると好評です。

※上記記載につきまして、内容など変わることがございます。ご了承くださいませ。
更新日時:2017/7/5

銘柄の豊富さは業界随一!

日本株であれば、上場していればどの証券会社でも購入することは可能ですが、米国株は証券会社によって扱う銘柄を絞っているという特徴があります。
「マネックス証券」は、業界内で米国株の取り扱い数が最大で、その数は3,000銘柄を超えています。「認知度が高いグローバル企業などに銘柄が絞られている方が、投資先を検討しやすい」という意見が初心者の中にあるのはたしかですが、自分が売買したいと思っている銘柄がなければ意味がありません。まだまだ初心者とはいえども、お宝系の「中小型株」も狙っていきたい、と考えている人は、できるだけ取り扱い銘柄数が多い証券会社を選んだ方が安心と言えるでしょう。

業界最安水準の手数料!!但し、下限設定があるので少額投資では不利になることも

米国株を売買する際に注意しなければいけないのが、取引手数料等の必要なコストです。

日本株と比べて高めに設定されているので、自分の投資予定の金額に合わせて、最低額の設定がある証券会社だと不利なのか、最高額の設定がある証券会社の方が有利なのか、よく考える必要があります。

「マネックス証券」の売買取引手数料は「約定金額の0.45%」に設定されていて、これはSBI証券と並んで業界最安水準。ただし、最低手数料5ドルという下限設定がされているので、少額投資の場合、手数料が高めになってしまう可能性があります。
一方で、上限が20ドルに設定されているため、大口投資でも安心で、運用額が高額な場合には逆に手数料が割安になる仕組みになっています。

また米国株取引では、円/ドルを交換するための「為替スプレッド」という手数料も徴収されます。「マネックス証券」の場合、「1米ドルあたり片道25銭」必要ですが、これは他の証券会社もほぼ同等となっているようです。

差が出てくるポイントは「取引手数料」と「手数料の下限と上限が設定されているか?」の2つと言えそうです。

24時間注文可能&取引可能時間の長さが大きなメリット

「マネックス証券」の最大のメリットは、24時間注文が可能な点。1日中パソコンの前で売り買いをしている人を除いて、日中外で働くビジネスマンなどから人気が高い理由はこの点が大きいかもしれません。

さらに、取引可能な時間帯が他社と比べて長いのも大きな魅力。

米国株の取引は、現地時間で「9時半から16時」が基本となっています。これに合わせて他の証券会社の取引可能時間が、現地時間の「9時半から16時」であるのが一般的であるのに対し、「マネックス証券」の取引時間は、現地時間の「8時から20時」と、なんと5時間半も長くなっています。やや上級者向けではありますが、企業の決算発表などは通常市場の開始前や終了後に行われるケースが多いもの。そうなると、時間外取引ができるとその分チャンスが大きくひろがる、というメリットがあります。

リアルタイムの株価情報&各種サポートが充実

これまで米国株を運用する際に最大のネックと言われてきたのが、情報に遅れが出てしまうこと、リアルタイムの株価情報に苦労すること、などでした。でも「マネックス証券」ならそんな問題も一気に解決です。

ECN(電子取引所)が配信するリアルタイム株価を、無料で見ることができます。これは「マネックス証券」のみが提供するサービスでユーザーからの評価は高いようです。※外国株取引口座に米ドル残高もしくは保有米国株の残高がある方に限り、無料で見ることができます。

また、アメリカTradeStation社の根幹とも言える最先端の取引ツールである「トレードステーション」を無償でダウンロードすることができ、パソコンはもちろんスマートフォンでも使用できる点も大きな強み。これまでのウェブブラウザ型の取引に加えて、レーダースクリーン・チャート分析・チャート発注等の機能をPCはもちろんスマホでも使えます。オンデマンド配信のセミナーなど、米国株超初心者向けの教育面も充実しています。

マネックス証券を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

・初めての方におすすめ

初めて株やFXを始めるならオススメです。資金が少ない人は、ワン株などで単元まで持っていくのも良し、個人に合った取引が出来ます。また、手数料は10万円(1日)まで108円と安くコツコツ稼ぐのに適していると思います。唯、4点にした理由は、10万円以上になるとちょっと手数料が嵩んでしまうという点があるからです。
引用元:https://minkabu.jp/

→マネックス証券の長所は、個人に合った取引ができるため資金が少ない人でも米国株運用ができる点です。どちらかというと、一気に稼ぎたいというよりは、コツコツ稼ぐのに適しています。10万円以上になると手数料が嵩んでしまうためです。それでも自分に合った取引ができる点はおすすめできます。

・使いやすくて便利

今年から初めて株を始めたのですが 使いやすくて便利です |スマホで見て取引してますが だいぶんと慣れてきて 使い方 株の買い方もわかってきました 手数料が安いので 安心して売買してます
引用元:https://minkabu.jp/

→投稿者さんは今年から株の取引を始めたそうですが、マネックス証券はとても使いやすいため便利です。手数料が安いため、安心して売買することができます。初めての方のための練習としても利用しやすいとは思いますので。是非一度試してみてください。




証券会社一覧
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
One Tap BUY(ワンタップバイ)
米国株コラム