口コミや評判のネット証券会社をご紹介

One Tap BUY(ワンタップバイ)

これから米国株をはじめてみようと思う人にとって、証券会社選びはとても大切な一歩ですよね。「便利そうなネット証券はたくさんあるようだけど、どこを選んでよいのかよくわからないなあ・・・」という人に朗報です!
とにかく手軽に、そして簡単に始められると話題の「One Tap BUY」。

日本初!スマートフォン専用の証券会社として誕生した「One Tap BUY」は、会社名に「証券」がついていないので、聞いただけでは証券会社とはわかりません。「証券」のつかない「証券会社」として、これまでなかった新しい発想のサービスを打ち出して注目されています。

とにかく簡単に、驚くほどわずかなお金で米国株の投資が可能なのが最大の魅力。まさに、初心者のために作られたサービスなので、「米国株投資に興味はあるけど、けっこうハードルが高いなあ」と躊躇していた人も、まずは少額で手軽に投資をはじめてみてはいかがでしょうか?

※上記記載につきまして、内容など変わることがございます。ご了承くださいませ。
更新日時:2017/7/5

新発想!スマホ専用の証券会社「One Tap BUY」が誕生

「One Tap BUY」の魅力は、何と言ってもとスマホを使ってわずか3タップで米国株の売買ができるいう手軽さ。初心者でもとにかく簡単に始められることから、利用者の約70%が株式投資未経験者というのもうなずけます。

手軽さを売りにしていると聞くと、安全面が心配になりますが、出資企業には、ソフトバンク、みずほフィナンシャルグループなどが名を連ねていて信頼性も十分です。

実際のアプリ画面は、スマホに特化しているだけあってとにかく操作がしやすく簡単、しかも見やすい。好きな企業を選択し、金額を指定するだけで米国株がいつでも購入できるという、なんとも新しい証券会社が誕生しています。

もう投資先に迷わない!超有名グローバル企業30社に厳選

「One Tap BUY」は、これまで「敷居が高いな~」となかなか手が出せなかった米国株の中でも、アップルやアマゾン、フェイスブックやツイッター、スターバックス、マクドナルドなど、知名度が高いグローバル企業30銘柄のみを厳選して扱っています。

一口に米国株に投資すると言っても、たくさんの企業の中からどこに投資するのがよいのか、調べたり決めたりするのは大変。あれやこれやと考えているだけでなかなか購入するステップに至らない、などという経験をした人もいるかもしれません。

取り扱い銘柄を30銘柄に絞っているのも、「初心者が手軽に米国株に投資できるように」という思いからのこと。この30企業の社名を知らない人はいないので、特に馴染みのある企業や将来性のありそうな企業、最近ニュースや新聞で明るい話題を見聞きした、というような観点から投資先を選んでみると迷わずにすみそうです。

30銘柄だけか、と思う人もいるかもしれませんが、投資先を30銘柄から選ぶだけ、というのは実はとてもありがたいサービスというわけです。

なんと1,000円単位で購入可能!!お手軽すぎる「One Tap BUY」

通常、株に投資するとなると、最低でも数十万のお金は用意しないといけないと思いますよね?また、売買の単位は、日本株であれば100株から、米国株は1株からというのが一般的です。

ところが「One Tap BUY」では、なんと1,000円単位で購入、売却ができます。こんなことがなぜできるのか?それは、「One Tap BUY」自体がニューヨーク証券取引所などから買付をして「在庫」を持ち、これを小分けにして再販する、という仕組みを取っているからです。

私たちが「One Tap BUY」で株を購入するときには、市場からではなく「One Tap BUY」から買っているということになります。とても画期的なシステムです。これまで他ではなかった少額での投資ができるのは、「One Tap BUY」ならではの独自サービスで、10,000円もあれば、超有名なグローバル企業へ複数投資し、運用することができます。

魅力満載!!!24時間取引可能&少額投資に有利な手数料

24時間取引が可能なのも「One Tap BUY」の大きな魅力です。

ユーザーが買い注文を出したとき、市場からではなく「One Tap BUY」から購入する仕組みなので、「One Tap BUY」に買いたい銘柄の在庫がある限り24時間いつでも購入することが可能です。逆に売り注文を出したいときも同様で、米国市場の開場時間外であっても、「One Tap BUY」が設定している在庫上限に達していない限りいつでも売ることができる、ということになります。

米国株の取引となると、米国市場の開場時間や時差が気になるところですが、「One Tap BUY」なら時間を気にせず売買ができる、この点はとても魅力的です!
また、取引で発生するコストについて、少額投資に有利な設定がされている点も「One Tap BUY」のメリット。

買付、売却の際には、どのネット証券でも取引に関わるコストとして手数料が発生します。「One Tap BUY」ではこの取引コスト(「One Tap BUY」では「株価スプレッド」と呼ばれる)が基準株価の0.5%となっているのですが、他社と大きく違うのが、下限金額の設定がないこと。

他社は5ドルという最低額を設定しているところが多いので、数千円から数万円の少額の投資の場合には最低額の設定がない「One Tap BUY」の条件は、とても有利となります。

One Tap BUY(ワンタップバイ)を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

・大変斬新です

ここは、スマホ専用の証券会社というのがまず斬新です。また、普通の証券会社では基本的に1単元100株や1000株が通例ですが、この証券会社は単元数は何株でもよく1000円からの金額で設定できるのが大きな特徴です。ただし、スマホ専用ということで中高年のスマホに慣れていない世代にとっては戸惑うことも多いかなと思います。しかしながら、若い世代が投資を始めるきっかけとなる先駆けを作ってくれたと言えると思います。
引用元:http://review.kakaku.com/

→米国株取引をこれから始めようと思っている人にとって、One Tap BUYはスマホ専用の証券会社ということで、とにかく斬新です。更には1000円から金額が設定できるとのことでお手軽感が魅力です。投稿者さんの言うとおり、若い世代にとってスマホは必須アイテムなのでその世代にとっては特におすすめです。

・予算の中で投資できます

友人の紹介で始めましたが、1000円から購入する事が可能な為、予算の中で投資できると思いました。最初はシステムの概要を理解できなかったですが、しばらく使うと使い勝手の良さをわかるようになりました。その上に利用できる情報サービスの質や量が優れいていて、活用するメリットは大きいと思いました。また24時間決済もタイムリーで良かったです。今後も長所と短所を見極めながら、活用したいと考えています。
引用元:http://review.kakaku.com/

→One Tap BUYの魅力は何と言っても1000円から米国株を購入できる点です。お手軽に予算の中で投資をすることができます。そしてもうひとつの魅力が24時間決済ができる点。非常にタイムリーな決済が可能。これから米国株運用を考えている方にとっては最適な証券会社です。




証券会社一覧
マネックス証券
楽天証券
SBI証券
One Tap BUY(ワンタップバイ)
米国株コラム